忍者ブログ
おもに新潟。 おもにラーメン。
秋に長野に行きました。
小布施行きました。



こじゃれた小布施の街並みに
こじゃれたお店を発見。
ガレットがいただけるお店だそうで、
まあこじゃれています。

「フランス食堂 ヴァンヴェール」
名前がまずこじゃれています。
バンベールじゃないですからね。
ヴァンヴェールですからね。
名前に"フランス"って入ってますしね。
ここは日本ですよ。

ワンちゃんもOKだそうです。
ワンちゃんを連れての食事、
こじゃれ以外の何物でもありません。


こじゃれぶりたいお年頃ですから、
当然こじゃれメニューのガレットをいただきました。



そば粉のガレット ¥1100
(信州サーモンの燻製、アボガド、生チーズのドレシング、半熟卵、きのこ、サラダ)
 



さっきからガレットガレット
さも当然のように言ってますが、
実は初ガレットです。
初ガレットどころか初耳ガレットです。
ガレットなんて料理、初めて聞きました。

ガレットとは、フランスのブルターニュ地方の家庭料理で
そば粉と卵、水を混ぜフライパンで焼いたのが始まりだそうです。
長野はそばが名産品。
だから、小布施でガレットなのでしょう。


注文したところ、調理が簡単なのか
すぐ出てきました。



初対面のガレット氏。
だいぶ大きいんですね。
2人でシェアしましたが、
それでちょうどよいかもしれません。


食べた感想ですが、おかず系クレープの具材を
ちょっとバージョンアップさせた感じ、でしょうか。

たっぷりのキノコにアボカド、
レタスとフレッシュな野菜。
その中で、燻製サーモンの塩っ気が
味気ないサラダのような具材たちの
味を引き締めてくれます。
さらに、卵の黄身がまろやかさも加えます。




なるほど、これがガレットか。
心なしか口の中がおしゃれな気がします。
お口の中がパリコレクションや~



ドリンクには
ワイナリーリンゴジュース(¥500)をいただきました。
リンゴジュースは甘く、そして奥深い味がしました。

長野はリンゴも名産品ですからね。
長野を味わった小旅行でした。



フランス食堂 ヴァンヴェールフレンチ / 小布施駅都住駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
スマイル
性別:
非公開
忍者カウンター

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]